保湿 スキンケア

保湿と美肌スキンケア

保湿と美肌スキンケア

季節は冬本番ですね。この時期に気になるのが空気の乾燥です。空気が乾燥すると肌の水分が失われやすくなり、シワの原因にもなります。そんな乾燥シワをつくらない為にも、日頃のスキンケア(保湿)を大切にしなければなりません。

 

乾燥したお肌に潤いを与えるにはどうするのか。そうです化粧水です。お肌に水分を与える重要な役目を果たすのが化粧水。この季節は夏よりも2、3度繰り返し与えると効果的です。化粧水を使用するにあたり注意したいのが、肌になじむ前に次のステップを行わないこと。

 

十分に肌に浸透したことを確認してから、2回目の化粧水を与えます。そうすることで、手に吸いついてくるような感触、弾力を得ることが出来ます。肌への水分補給は乾燥を防ぐ上で、最も大切なステップだと言えます。十分に肌が潤ったら乳液をなじませ、水分が逃げて行かないように丁寧につけます。

 

また、オプションとして乾燥シワの気になりやすい目元や口元などには、ローションパックをするのも効果的です。やり方はとても簡単。お手持ちのコットンにたっぷりの化粧水をしみ込ませて下さい。
滴りそうなぐらい含ませたら、半分の薄さに裂いて2枚にします。

 

そのコットンを気になる部分におき、5分程度待って剥がします。どうでしょう。更にぷるぷるのハリを感じることが出来ますよ。

 

パック専用の何かを買わなくても、今持っているものだけでお手軽にケアできるっていいですよね。それでも乾燥が気になる場合は、今お使いの化粧水ラインに、もっと上の保湿効果の高いタイプがあれば、冬の間だけこちらに変えて使ってみるのも良い方法ですね。

 

化粧水でしっかり保湿してあげれば、シワの心配もなく思い切り笑顔になれることでしょう。化粧水、乳液とたくさん使うステップ的なスキンケアもいいですが、保湿力のあるオールインワン化粧を使うのもいつの手ですよ。

 

 

保湿と言えば、やはり連想するのは「冬の乾燥」ではないでしょうか?「気をつけていても防ぎきれない夏のダメージは、秋のうちに補おう」と考える女性は多いと思いますが、その発想は理に叶っていると言えます。

 

理由としては、「冬の乾燥っぷりは半端ないから」とでもいうべきでしょうか。冬(1月)東京の平均的な湿度は「9%」と言われています。ちなみに、砂漠ですら20〜25%はあるそうです。

 

東京はこの時期、全国的にも乾燥が激しいようではあるのですが、どちらにしろ日本全国、他の季節より乾燥が酷いのは歴然です。すると、お肌の乾燥がより進むのはあからさまです。そう考えると、思い立ったが吉日。

 

前述の通り、夏場の紫外線&乾燥のダメージは強烈です。そしてお肌の老化を進ませる2大要因は「乾燥」と「紫外線」でもあるのです。そんな大ダメージを、「乾燥地獄」な冬に持ち込むなんてもってのほかです!

 

秋と言わず、今すぐにでも、保湿を始めない理由が見つからない位ですね!保湿と言えば、やはり連想するのは「冬の乾燥」いかがでしょうか?保湿は乾燥対策だけにとどまらず、エイジングケアにとっても、とても大事な役割を果たしているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ